② 昼間、足がむくみ、たまった水分が夜間に心臓経由で循環し始めたとき、心臓のセンサー
  が血液量が増えたと感知し、血液量を正常化するためのホルモンを分泌。
  このホルモンが腎臓に働きかけて尿の量を増やし、夜間頻尿の原因になるという考えもあるようです。
・しかし、足がむくんでいるわけではないのに夜間頻尿が起きるという人もいます。
・暖かくして寝ているから,就寝時に足が冷えているということはないはずだ…という人もいるでしょう
 ーーー夜間頻尿にはこのほかにも様々な原因があると考えたほうがよさそうです。---
③腰部の神経症状:
 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋の萎縮、骨盤や腰椎のズレや捻じれなどのために
 坐骨神経が圧迫されて下半身の神経や血液の流れが悪くなり、
 上記①②の状態が起きる場合があります。(治療が必要な場合もあります)
・ふくらはぎの筋肉に対する血液の循環が悪くなれば
(体温や栄養や酸素の供給が不足します。…ふくらはぎがつったりするのはこういう時です)
・ふくらはぎに来ている主な神経は坐骨神経です。
 坐骨神経の伝導が悪くなれば、ふくらはぎは正常な状態を保てなくなります。
・坐骨神経痛による痛みやしびれや冷えはその結果です。
・様々な原因でふくらはぎが張ったり、筋肉に萎縮が起きていることもあります。