背中や胸の痛み肋間神経痛


 

背中や胸などは頚部や腰部とは違って、

 

胸郭で保護されている部分なので、痛みが出たりしにくいのですが、いったん痛みが出たら、なかなか自然には治りにくいようです。

 

当院の30年間の実績では、下部頸椎~上部胸椎に起きたズレや歪みが原因になっていることがほとんどです。

 

肋間神経痛なども咳をするたびに痛んだり、患者さんにとっては厄介な状態です。

 

 

背中の痛みや胸の痛み、肋間神経痛など脊椎のズレや歪みで痛みを感じているときは早めに矯正治療を加え神経の圧迫を解消しておくことが大事です。

 

放置していると、今度は自律神経支配下の内臓に不都合が起きたりします。

 

臨床例を見ますと、「逆もまた真なり」で、

 

お酒を飲みすぎて胃を痛めているような人で、胸椎の7番周辺に痛みを覚える人は多くいます。 

 

このような例を考えますと、 胸部の内臓は、同じような所から神経支配されているわけですから影響が心配されます。

慢性化させないで早目に解決することが望まれます。

 

当院の整体-カイロ-矯正治療で、 痛みに関しては、即効性がのぞめます。

 

慢性的内臓の不調の場合は、

 

上記の②自律神経の支配項目を考慮しますと、

根本的自然療法として、効果が期待できます。

 

「背中の痛み、胸の痛み、肋間神経痛藤沢」と言ったら日本カイロプラクティックセンター藤沢です。