のんびり行こうよ


私は団塊の世代ですから、戦後の世の流れには、それなりに付き合ってきました。高校生の時に東京オリンピックが開催され、大学時代はその東京で過ごしました。

その後、機械メーカーでサラリーマン生活のほとんどを過ごし、やがて腰痛で挫折し、失業し、心機一転とカイロプラクティックの学校に入り、その後、30年間この道を歩み続けています。

ずいぶん前から、日本人が何かに急き立てられて生きているように感じています。すべてが仕事の効率アップの為に回されているように感じます。何かに急き立てられて生きるのではなく、じっくり人生を味わいながら生きていく為に・・・

追い立てられていると感じた国民がブレーキをかけてみるのも必要なのかもしれませんね。