オミクロン株対策

オミクロン株対策

オミクロン株の出現で、新型コロナウイルス感染状況が様変わりしました。

 

感染力がデルタ株の数倍も強いことが問題です。

しかし死亡に至る重症者数が従来型のウイルスに比べて少ないのが救いといえば救いです。

 

オミクロン株は年末~年始にかけて、爆発的に蔓延しました。

2022.1.7 時点で全国の感染者数は6200人を超えました。

いわゆる第6波が来たというわけです。

 

コロナウイルスはどんなに変化しても結局は空気感染ですから、

対策は基本的には従来型ウイルスに対するものと変わらないといえるでしょう。

 

マスクの装着が一番の防御策のようです。

2重マスク、3重マスク…と厳重なマスク装着が望まれます。

(不織布マスクの内側にフィルターを装着して、さらに布マスクで外側からカバーしてマスクの隙間を少なくするという、3重マスクがおすすめです。

洗剤につけおきするだけで何回も使えるから、試してみる価値はあります。)

 

手指の洗剤での洗浄やアルコール消毒も有効です。

うがいの励行も、部屋の換気も考えられる防御はすべて行うことが大切、

 

人が集まる場所を避け、密にならないよう気を配ることも必要です。

 

アレルギーなどが心配される人はワクチンを命がけで摂取することはないです。

しかし、それ以外の人はできるだけ早めにワクチンを接種したほうが良いようです。

ワクチン接種しても感染する人もいるようですが、いくらかは重症度が緩和されるようです。

 

新型コロナウイルス感染の脅威から、早く(あと1~2年で)解放されたいものです。