椎間板ヘルニアの治療


「椎間板症」や「椎間板ヘルニア」は、様々な理由で背骨(特に腰部)に上下の圧迫がかかり、その状態を維持してしまった場合に、背骨と背骨の間にある軟骨性のクッション材である椎間板や髄核と言われる部分が押しつぶされたり薄くなったり亀裂が入ったりしたために本来あるべき位置から逸脱して神経圧迫が起きる症状で、痛みを伴います。

 

ほとんどの場合骨盤や脊椎の「ズレ」や「歪み」や「捻じれ」がおおもとの原因です。

 

日頃から腰に負担がかかる作業をしている人が長年の積み重ねで発症する例が多いようです。

椎間板症がひどくなると、椎間板やその中にある髄核が押しつぶされて外にはみ出してくる、いわゆる椎間板ヘルニアに悪化してしまいます。

椎間板症は椎間板ヘルニアの前段階であるといえるでしょう。

 

当院の治療方法は?

腰部に定着した3次元の「ズレ」「歪み」「捻じれ」を元に戻すのが確実な方法です。

既に慢性的な構造的-異常が起きているものを・・・整体-カイロ-矯正治療で矯正を重ねて、バランスを元の状態に戻すのが第一です。バランスを正常に戻していき、押しつぶされた椎間板を元に戻していきます。

バランスが戻れば部分的に圧迫されていた腰神経への圧迫が軽減していきます。症状は軽減していきます。

日常生活の改善を行う必要があります。日常生活の改善は矯正治療を支える有効な方法です。

 

医師に椎間板ヘルニアだと診断されて…

(本当に手術以外には手がないと医師が判断した場合はMRIなどの映像をもとに患者さんのヘルニアの状態を詳しく説明いたします。ある意味では一目瞭然です。)

その上で手術以外では解決できないと宣告されているような状態であれば…

「手術」をした方が、問題解決には早道だと思います。

最近は椎間板ヘルニアの手術も安全で短期間で退院できるようですから…

ヘルニアの診断をしても、医師が積極的に手術を勧めない場合は=手術をするまでもないという訳ですから上記の①②を始められることをお勧めします。

「椎間板ヘルニア」・・・

矯正治療で治るものなのか?手術するしか方法はないのか?見極めが大切です。