腰痛:原因と当院の治療方法


数回の治療で治すのが当院の臨床実績です。腰痛治療は当院の専門分野です。


腰痛患者さんの声


鎌倉市

相内一正さん

50代

建築業


二度、「椎間板ヘルニア」の手術をしました。

手術で椎間板ヘルニアは治ったのですが、腰痛は続いていて、何かあるたびに「ぎっくり腰」で動けなくなっていました。特に重たいものを持つと痛くなっていました。

 

あちこちで治療してもらったのですが腰痛は治りませんでした。

たまたま、建築現場の向かい側に「カイロ」があったので、「わらにもすがる」気持ちで治療をしてもらいました。建築期間中に数回矯正をしてもらいました。

 

不思議なことに、その数回の矯正治療で「ぎっくり腰」は治ってしまいました。

こんなことは初めてでした。

こちらで矯正してもらってからは「ぎっくり腰」が治ってしまったので、以前のように腰痛で仕事を休むこともなくなって助かっています。

 

副島先生には「重たいものは持つな」と言われていますが、

大工仕事なので重たいものを持たないでは仕事になりません。

建前の時などは特にそうです。

仕事で無理をするとすぐにこちらで矯正してもらって体勢を立て直して仕事を続けています。

同業者には腰を痛めている人が多いので、こちらを紹介しています。 



腰痛の原因は脊椎や骨盤のズレや捻じれによる神経圧迫痛です。当院の治療手順


当院での数回の整体-カイロ-矯正治療とその後の日常生活の取り組み方次第で腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛は割合簡単に治るのです。

 

腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛などで痛かったり、重だるかったり,しびれたりして当院に初めて来院された患者さんが、矯正治療後、不思議そうな顔をされます。

 

なんでこんなに簡単に症状が解消するのか納得いかないようです。

 

当院では、まず、患者さんに、お一人お一人の状態について詳しく聞かせていただきます。

 

実は、お話を聞かせていただくと患者さんの脊椎や骨盤がどのような経緯でどのような方向にどの程度の重症度で、歪んだり捻じれたり、ズレたりしているのか、推測できるのです。

 

脊椎や骨盤が

①歪んだり、

②捻じれたり、

③ズレたりした為に起きた症状ですから、

 

脊椎や骨盤に起きている歪みや、捻じれや、ズレを元に戻す矯正治療が整体-カイロ療法です。

腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛などの症例では…

脊椎や骨盤が①歪んでいたり、②捻じれていたり,③ズレていたり、

 

そしてもうひとつの要素としては

④上下方向の変位(上から下に圧迫されていたり、まれに下から上に変位していたりしますが)

が起きると神経圧迫が起きた為に症状が出るに至っています。

 

つまり変異は3次元的に発生するという事です。

 整体-カイロ-矯正治療はそれらの骨格を3次元で元に戻す作業です。

 

これらの痛みを伴う症例ではほとんどの場合、患部周辺の炎症(はれ)や

筋肉や靭帯の萎縮が起きています。

 

まず、骨格構造を元に戻して、それから炎症や萎縮を元に戻すという手順になります。

 

炎症は安静にしていれば2~3日で治ります、萎縮も安静にしていれば4~5日もすれば緩んできます。

 

 



腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛などの原因と矯正治療の科学


ほとんどの腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛は背骨や骨盤のズレが原因で起きます。

背骨にズレが起きると,腰の神経に圧迫が加わり痛みやシビレなどの症状を引き起こします。

どの神経を圧迫しているかによって症状が違ってきます。

 

背骨がズレると同時に

①神経圧迫が起き

②患部が炎症し

患部周辺の筋肉や靭帯が委縮します。

通常は2~3回の整体-カイロ-矯正治療で治療は終了します。  

 

 「腰痛」と云われるを症状を分類すると

(1)「ぎっくり腰」

(2)「坐骨神経痛」

(3)「その他」に分類されます。

 

「ぎっくり腰」は・・・

【第一腰椎と第2腰椎の間】および【第2腰椎と第3腰椎の間】から出ている神経のどちらか片一方または両方を圧迫されて痛みを発している状態です。

この神経が支配している筋肉、靭帯はちょうど腰部の脊柱を起立させる機能が一番強い部分です。

この起立筋が機能しない訳ですから、体を動かすたびにさらにズレたり歪んだりします。

そして神経を圧迫するたびに「ギクッ」ときますからぎっくり腰と呼ばれています。

ぎっくり腰を起こした瞬感から炎症が広がり周囲の筋肉や靭帯には萎縮が起きます。

この状態になるともうすでに体を動かすこと自体が禁物です。

家庭の医学などには「34日床について動かないで安静にしていると徐々に動ける様になる」と記述されていますが

…仕事があったりして寝ている訳にもいきません、そこで無理をして動き回ってこじらせてしまうというのが一般的な例です。

できるだけ早めに「整体-カイロ-矯正」治療をしたほうが早く治ります。

 

「坐骨神経痛」は・・・

【第4腰椎と第5腰椎の間】【第5腰椎の下】から出ている神経を圧迫されて痛みやシビレを発している状態。

腰から始まり、臀部から太ももの後ろ、ふくらはぎ、ひどい場合は足首から下にも症状が出たりします。

症状は上から下まで続いている訳でもなく途中には症状がない場合もあります。

ぎっくり腰のように、立っていられないという種類の症状は少なく、ついつい、無理をして慢性化しているという患者さんが多いようです。

我慢できるというのも善し悪しですね。

 

治療手順は・・・

背骨のズレを整体-カイロ-矯正治療で元の正常な位置に戻します・・・そうすると

 

①神経に対する圧迫が解消されます。

②患部の炎症は徐々におさまっていきます。

③患部周辺の筋肉や靭帯の委縮は次第に緩んでいきます。

 

①②③の手順が進めば、痛みや症状はなくなります。

 



当院の矯正治療で腰痛は必ず治ります。


一生、ぎっくり腰、坐骨神経痛、腰痛にならないで済む人もいます。

しかし一部の人はこれらの症状に悩まされることになります。

 

私は治療をする側ですから、これらの症状を引き起こした患者さんと向き合ってきました。

一度や二度腰痛になったからと言って、人生に影響が出るということはないでしょうが、

再発を繰り返し、慢性化してしまうとそうも言ってはいられません。

私は自分自身がひどいぎっくり腰で、会社勤めも辞めることになってしまい・・・

人生をしくじった思いがあります。

 

そうならないためには…発症しにくい生活、再発しにくい生活を送ることが大切です。

ぎっくり腰、坐骨神経痛、腰痛は中途半端にいい加減な治療するのが一番よくありません。

 

これらの症状は原因がはっきりしています。

 

骨盤や腰椎の捻じれ、歪み、ズレが原因で神経を圧迫した結果、痛みや症状が出るのです。

整体-カイロ-矯正治療で、骨盤や腰椎の変位を元に戻すことが一番の根本的な治療方法です。

アメリカで始まったこの矯正治療方法は約120年の経験と実績で今では世界の先進各国で行われています。



前屈して指先が床につかないのは 「腰痛予備軍」です。


普通は前屈した時、指先は床につきそうになりますよね。

自分でも気になるほど、前屈が浅い人は、要注意!

小中学校のお子さんをお持ちの方、学校の先生方、どうか、子供さん達の前屈の程度ををチェックしてあげてください。

子供の頃は、健全なら指先は床近くまで行くはずです。

そうでない場合は

 

・・・体が硬くて、前屈の角度が浅いのではなくて、深く前屈しようとするとどこかに不都合が生じるからそれ以上前屈することを体が制限しているケースが多いんです。

 

脊椎や骨盤に何らかの歪みやズレがあるはずです。

 

脊椎に上下圧迫があるときに前屈制限や後屈制限が出ます。

 

腰痛の経験がある人は、思い当たるでしょうが、

朝、顔を洗う時、靴下を履くとき前屈すると痛いことがあるでしょう。

 

腰痛が治ると前屈制限がなくなって、そんなことは忘れてしまいますよね

 

・・・子供の頃は、前屈制限があるくらいでは、健康上の大きな問題はすぐさまは出ないかもしれませんが、

そのまま放置していると、将来、健康に問題が出る心配があります。

 

大人で、前屈制限がきつい方も腰痛予備軍です。

早めに、お近くの「カイロ」や「整体」で前屈制限を解消しておきましょう。  

 

前屈制限がある場合は、脊椎や骨盤に歪みやズレがあり、とくに上下の圧迫がある場合が多い、つまり、脊椎と脊椎の間にあるクッションの役目をする椎間板が押しつぶされた状態です.

 

脊椎や骨盤に歪みやズレがあると,各脊椎間から出ている神経に圧迫が生じます。

 

そうすると、痛みが出たり、機能不全を起こしたりします。

 

こういう状態になると、大人の場合は、具体的な症状を引き起こしやすいのですが、子供の場合は、成長過程であり柔軟な体をしているので、 問題を抱えていても具体的な症状が出るに至らない場合が多いようです。

 

しかしその具体的な症状が出るに至らない、その時期に、 成長に関する問題や、内臓諸機関に対する不全の元や腰痛などの根本的原因が身についていると考えたほうがよさそうです。

 

私の所に来院された腰痛の患者さんの中で 前屈制限のある方の経験を聴きますと、子供の頃から前屈すると硬かったという人が、とても多い・・・。

 

ということを考えると腰痛の原因も幼少の頃から形成されることが多いということです。

 

子供の頃,石段や塀など高いところから飛び降りて遊んでいたという人や、でんぐり返りに失敗して「イテーッ」という経験がある人など、脊椎に微妙な圧迫が出来てしまった人も有るのではないかと考えます。

 

ちなみに、腰痛の患者さんの中では「バレーボール」をやっていた人がとても多いですね。・・・・・驚く程に!

 

おそらく、ジャンプして、走り抜けないで、そのまま着地するから、脊椎や骨盤に着地するたびに、上半身の体重がズシンとかかるから、微妙なズレや歪みができたのでしょうね。

・・・かく言う私も中学時代バレーボールをやっていました。

 

脊椎や骨盤などの骨格構造の歪みやズレは、

 

早目に整体-カイロ-矯正治療」などで対応すれば、健全なレベルに、

割合簡単に戻せるものです。

気になる方は、ひどくならないうちに一度受信されることをお勧めします。

 



腰痛、ぎっくり腰の治療はこじらせないうちに矯正治療をすれば1~2回で治るのですが…


腰腰は突然 発症する例がほとんどです。

 

背骨にズレが生じて神経圧迫に至ったことが原因です。

 

発症した瞬間から患部周辺には病変が始まります。

 

つまり・・・

 

①背骨を支えている筋肉や靭帯に炎症が始まります。

 

②同時に筋肉や靭帯の委縮が始まります。

 

③腰骨がズレた状態でロックしてしまいます。

 

この状態を放置しておくと、①②の程度がひどくなってきます。

 

そのまま、さらに放置しておくと、炎症や委縮は一過性のレベルを通り越して難治性のレベルで定着します。

 

日常生活で身動きをするたびに痛みが発生する状態になります。急性の状態の慢性化です。

 

ぎっくり腰の治療で大切なのは、いかに早く症状から解放されるかということです。

 

間違った治療をして慢性化することが一番危険です。

炎症が起きていますから、患部を温めてはいけません。

当院の整体-カイロ-矯正治療は速効効果があります。

 

たいてい1~2回の矯正治療で症状は解消します。

 

長く放置すればするほど治るまでに時間がかかり

 

ますからこじらせないうちに矯正治療をしましょう