ぎっくり腰の原因と解消方法

ぎっくり腰の原因と解消方法

(1)腰骨が正常な位置からずれてしまった。

(2)そのために腰骨と腰骨の間から出ている神経を圧迫してしまった。

(3)5個ある腰の神経のうち一番上の神経か2番目の神経を圧迫した場合、ぎっくり腰になります。

(4)3,4,5の神経を圧迫すると坐骨神経痛など、ぎっくり腰とは違った症状が出ます。

ぎっくり腰の解消方法

(1)腰骨のズレの程度が軽い場合は、45日も安静にして寝ておけば、自然に治りますが

(2)重症の場合は、原因である腰骨のズレをもとに戻す手立てをしなければなかなか治らなくて、やがて慢性腰痛になってしまいます 。

ぎっくり腰は構造的なズレによる神経圧迫が原因ですから、

(1)構造的なズレをもとに戻さなければ症状も解消しません。

(2)痛み止めを飲んでも、湿布をしても根本的な原因は除去できませんから、症状も解消しません。

(3)構造的なズレをもとに戻すために、一番速効効果があるのはカイロプラクティックの矯正療法です。

 

矯正による施術は・・・ずれている個所をピンポイントで「ボキッ、ボキッ」と矯正して一瞬のうちに元に戻します。

やっと歩けるほどの方も施術後はサッサと歩いて帰ることができるほどになります。

ぎっくり腰は別名「腰椎捻挫」とも呼ばれます。ぎっくり腰になった瞬間から患部周辺には「炎症」や「委縮」が起きます。

ぎっくり腰の患部は足首の捻挫と同じ状態になっていると思って下さい。

矯正後はお風呂に入ってあっためたり、揉んだりほぐしたりしないほうが症状は早く解消します。

湿布する場合は必ず「冷湿布」にしてください。

ぎっくり腰を早く解消するためには、実績がある、きちんと「矯正できる」施術院を選ぶのが先決です。